市制100年の取り組み

室蘭市MURORAN

地球岬と室蘭港を望む

室蘭市

室蘭市長 青山 剛

室蘭市開港150年・市制施行100年
まち・ひと・みなと つながりが未来を創る

室蘭市長青山 剛

1872年「室蘭海関所」が設置され、室蘭港が開港しました。また、1922年8月1日の市制施行により室蘭市が誕生し、今年で開港150年・市制施行100年の記念の年を迎えました。
室蘭市は天然の良港と豊かな自然に恵まれ、港を中心に製鉄、製鋼などを中心に「ものづくりのマチ」として発展してきました。近年は洋上風力発電関連産業の展開や水素の利活用などの取り組みを行っております。これまで築き上げてきた財産を最大限活用し、室蘭市の更なる飛躍と発展に向けた取り組みを進めてまいります。

100周年事業の紹介

北海道・東北のおいしい海のグルメが室蘭に集結する「みなとオアシスSea級グルメ大会」やドローン、eスポーツなどを体験できる「デジタル教育体験事業」、新たなエネルギー産業創出実現に向けた「水素エネルギーフォーラム」の開催など多彩なイベントを計画しておりますので、皆様の参加をお待ちしています。

市の特設サイトをみる

市の一覧にもどる